スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pentel 筆touchサインペン

先日、文具店でぺんてるの「筆touchサインペン」を見かけました。

年賀状シーズンということも関係して、筆ペンより気楽に書くことが
できるペンとして目立つ場所に陳列されていました。


確かに筆で書いたようなタッチをサインペンで書くことが
できましたので、年賀状や手紙などを書くときにも活躍しそうです。

……私は手紙を書くときは万年筆派なので購入したものの、
いつ使おうか考え中です……

そのようなことはさておき、私は「筆touchサインペン」が
陳列されている場所に用意されていた試筆用の紙に
書かれていた内容がとても気になりました。

「らめ入りじゃなかった」の一言だったのですが、確かに
ペン本体は通常のサインペンと区別するためと思われる
ラメが入ったものになっています。

この本体軸のラメを見て、ラメ入りサインペンだと思って
手に取った人がいるようです。

しかし、ラメ入りだと思って手に取った人には責任はなく、
そのように思ってしまう可能性がある本体軸だったのが
原因だと思います。

私がショックだったのは、自分の感覚が麻痺していたことです。

私自身は事前に「筆touchサインペン」のことを
知っていたので、文具店で見かけてもまったく気にして
いませんでした。ですが、何も知らない人が見たときには
ラメ入りだと思ってしまうということをそのコメントを見るまで
それまで気がついていなかったことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。