スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクシキ メモパッドホルダー試作2号

ニーモシネN189用のホルダーを自作しました。


※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

一般的なカバーは、本皮や合皮製で厚みや幅が大きくなって
しまうために携帯性が損なわれてしまう点が苦手でしたので
メモパッドカバーが満たす最低限の機能を別手段で持たせようと
試みました。

ニーモシネを装着し、正面から見るとゴムバンドで
表紙をとめる形になります。

表紙がカバーなので、メモカバーのようなカバーは
不要と判断しています。

20110418_memopad_holder_02.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

背面から見ると固定用のハトメ3つが見えるだけです。

20110418_memopad_holder_03.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

しかし、筆記するために表紙を裏返した際は表紙が戻らないように
押さえておくことができます。

20110418_memopad_holder_04.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

ホルダーを装着するために、厚紙を三角形の角で固定しています。

20110418_memopad_holder_05.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

この三角形の角で、切り離したメモを1~2枚程度なら
挟んでおくことができます。

20110418_memopad_holder_06.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

ニーモシネN189と同サイズのブロックロディアNo11も
装着は可能です。

20110418_memopad_holder_07.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

表紙を押さえている場面は、ロディアのほうが見やすいですね…

20110418_memopad_holder_08.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

この自作ホルダーの機能は以下の3点になります。

(1) 携帯時の表紙押さえ
(2) 筆記時の表紙押さえ
(3) 切り離しメモの一時保管用ポケット

材料は、以下の3種です。

・ 0.5[mm]厚のPP板
・ 8[mm]幅ゴムバンド105[mm]長
・ 真鍮ハトメ3個

ベースとなるPP板を組み立てる前の形です。

20110418_memopad_holder_09.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

もう少し詳細な寸法を記載した図もありますが、
製図を知っている人が見ると必ず頭痛がする
製図のルールを無視した図なので、公開は控えておきます(^^;

私自身、製図は十数年前に講義で数時間習っただけなので
もう忘れてしまっているので、自分が再現でいればよい程度の
記録しか残していません……でも、ものづくりには製図の知識が
必須ですよねぇ……


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。