スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEBRA arbez piirto(アルベス ピールト)

■ 手ごろな価格のデザインペン

私がシャープペンシルで愛用している率が高いゼブラから
発売された新作arbez piirtoを入手しました。

まだ使い込んでいませんが、デザインもよく、持ったときの
バランスにも違和感を感じないペンです。

ただ、正直な感想としては品質改善後のバージョンに期待、
といったところです。


※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

□ シャープペンシル

グリップ部分も程よく太くなっており、重量も軽めなので
長時間使用しても疲れにくそうです。

ただ、ノックしたときに芯が繰り出される量が多いように
感じました。

20110318_arbez_002.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

芯を繰り出す量を比較するため、手元にあった他の
シャープペンシルと10回ノックして比較してみました。

20110318_arbez_003.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

結果としては、芯が繰り出される量は約13[mm]でダントツでした。

0.5[mm]芯なので、多少長く芯を出しても折れにくいとは
思いますが、それでも出すぎな気がします。

(Color Flight 03の初期バージョンでも似たことがあった
記憶が……)


□ 油性ボールペン

ボールペンも使いやすそうに感じましたが、ペン先を
出そうとしたときに違和感がありました。

このペンはツイストメカニズムなので、軸をひねって
ペン先を出すのですが、愛用している他のボールペンとは
逆方向にひねる必要があり、毎回間違えてしまいます。

20110318_arbez_004.jpg

ねじ回しで緩む方向に回すとペン先が出てくるので、
違和感があります。どうも慣れが必要になりそうです。

また、書こうとしたときにも違和感がありました。

親指が支える部分と人差し指・中指が支える部分を
分断するかのようにグリップのひねる部分があるため、
指に力が入った瞬間、少しひねるような感触を感じます。

20110318_arbez_005.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

その、書こうとして指に力が入ったときに回りそうになる方向が、
ペン先を収納する方向なので、余計に不安定に感じます。

(もしかして左利きの人にとっては使いやすいのかも
しれません……)


油性ボールペンはツイスト部分が苦手ですが、
シャープペンシルは芯が出る量さえなんとか
なってくれれば愛用品になりそうな気がする
ペンでした。

【2011/04/13追記】
しばらく使った後の感想を追加しました
【追記ここまで】

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。