スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uni PURE MALT(ピュアモルト) ジェットストリームインサイド

三菱鉛筆の新商品「ピュアモルト ジェットストリームインサイド」の
4+1機能タイプを入手しました。


※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます



「ピュアモルト」シリーズの10周年記念として出されたペンで、
三菱鉛筆が誇るジェットストリームインクを搭載したモデルに
なっています。

選択できる色は、オーソドックスな4+1ペンと同様に
黒・赤・青・緑のボールペン(0.7[mm])とシャープペンシル
(0.5[mm])の組み合わせです。

色を選択する場所も、ビジネス高級感が漂いそうなピンポイントの
カラーリングとなっています。

img016_002.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

肝心のグリップ部分は、ピュアモルトのなかでも木目を
厳選したものになっているとのことです。

img016_003.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

ペンの重量は多少重く感じましたが、多機能ペンなので
重くなるのは仕方がないと思います。

重心自体も低重心気味になっており、いろいろとこだわりを
感じました。

img016_004.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

グリップ部分を外すと、お約束通りのジェットストリーム
インクが搭載されています。

img016_005.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

ただ、このリフィル(替え芯)を見て気になったことは、
リフィルの軸を見れば色が良く分かるのですがペン先には
何も色が付いていない点です。

ためしにグリップを付けた状態で赤色を選択したのですが、
何色のペンが出ているのかをペン先だけを見て判断することは
難しそうです。

img016_006.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます


実際に筆記をして感じたこととしては、私には少し
握りにくいように感じました。

このため、グリップ部分の太さを測ったところ、
約13.5[mm]というかなりの太さになっていました。

img016_007.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

私が使いやすく感じる太さのドクターグリップ
(グリップの柔らかさは苦手ですが...)と比較すると
ドクターグリップは約12[mm]でした。

img016_008.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

ドクターグリップと比べて、直径が1.5[mm]ほど大きいので、
ペンとしてはかなり太い部類に入ると思います。


総論としては、以下の特徴が好きな人には良いペンだと
思います。

 ・ジェットストリームインクの滑らかさがすき
 ・ペンは多機能ペンでまとめて持ち歩きたい
 ・木製グリップがすき or 硬い素材のグリップがすき
 ・極太グリップがすき

基本的には良いペンだと思いますが、2000円ほどの
高額なペンですので、自分にとって書きやすいかを
確認のうえ購入検討されることをお勧めするタイプの
ペンだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。