スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uni kurutoga(クルトガ) ローレットモデル [追記]

三菱鉛筆のクルトガ ローレットモデル(ブラック)に続いて
ローレットモデル(シルバー)も入手しました。

前の記事は、ハイグレードモデルとローレットモデルしか
比較する対象がありませんでしたが、今回はローレットモデルでも
カラーによる比較がメインの記事になります。

クルトガの写真は前の記事を参照してください。


ブラックとシルバーを比較すると、形状などでは違いは
ありませんが、シルバーは塗装がされていないアルミ
そのままのカラーのように感じました(それは気のせいで、
シルバーも塗装されている可能性はありますが)。

このため、塗装がされているブラックと比べて
親指に力が入ったときに滑りやすい気がしました
(あくまで気がするだけですが)。

各クルトガを個人的に評価すると、以下のような感じです。

【書きやすさ】
1位 スタンダードモデル
2位 ローレットモデル(ブラック)
3位 ローレットモデル(シルバー)
4位 ハイグレードモデル

スタンダードモデルは軸の太さとプラスチック材質の摩擦で
握りやすいため個人的にもっとも高い評価にしています。

ハイグレードモデルはグリップが細い上にアルミ素材で
滑りやすく感じます。

【デザイン】
1位 ハイグレードモデル
2位 ローレットモデル(シルバー)
3位 ローレットモデル(ブラック)
4位 スタンダードモデル

「パッと見」ではハイグレードモデルはアルミグリップと
ブルーなどの軸のカラーリングが好みでした。

スタンダードモデルはクルトガエンジンにコストが
かかり過ぎているのか、初めて見たときは100円ペンより
安っぽく感じた記憶があります(^^;

【総合】
1位 ローレットモデル(ブラック)
2位 スタンダードモデル
3位 ローレットモデル(シルバー)
4位 ハイグレードモデル

職場でクルトガを使う場合は、おそらくローレットモデル
(ブラック)を使うことになりそうな感じです。そうでなければ
人に見せることを考えない考え事などのメモ時などに
スタンダードモデルを使うことになりそうです。

ハイグレードモデルは、グリップの滑りやすさがネックに
なってしまいます...


これは私の個人的な感想でしかないので、どのモデルが好きかは、
人それぞれに違うと思います。

ただ、クルトガの場合は、自分が太目と細めのどちらの
軸が好きか、持つとき指に力が入るなどの癖があるかなどの
ポイントを考慮に入れた上でお財布事情と相談して
どのモデルを購入するかを決めたほうが後で後悔しない
シャープペンシルだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。