スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

uni クルトガ(KuruToga)ローレットモデル

2010年9月3日に三菱鉛筆の展示会で見かけたクルトガ
ローレットモデルを入手しました。

(ローレットモデルもハイグレードモデルの一種ですが...)

img014_001.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます
(上:ハイグレードモデル、下:ローレットモデル)

■■■■■ 追記 ■■■■■
ローレットモデルでもブラックとシルバーの2色を入手して
気になったことについての記事も追加しました。
■■■■■ 追記 ここまで ■■■■■


もともと持っていたクルトガ ハイグレードモデルと
比較しても、つくりとしてはグリップがギザギザに
なっていることしか違いはなさそうです。

【グリップ部分】
img014_002.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

【後端】
img014_003.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

グリップ部分を並べて比較すると、ハイグレードモデルより
ローレットモデルの方が滑り止めの加工(溝?)が長くなっています。

img014_004.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

   ハイグレードモデル : 約17[mm]
   ローレットモデル : 約21[mm]

私の持ち方ではハイグレードモデルは溝が親指に引っかからず
指が滑っていましたが、ローレットモデルは親指が滑り止めに
届いて滑りにくくなりました。

とはいえ、親指をペンから離してみるとギザギザの部分は
親指の半分も触れていない状態です。

img014_006.jpg
※ 写真をクリックすると大きな画像が表示されます

本当は、もっと30[mm]くらいまでギザギザの部分があると
個人的にはうれしいのですが...

それでも、ハイグレードモデルと異なりローレットモデルは
ギザギザでない部分もグリップ全体が塗装されているため、
塗装の素材で滑りにくくなっています。

(ハイグレードモデルはグリップ部分全体が塗装されていない
アルミ素材そのままなので滑りやすいです)


ちなみに、クルトガシリーズはクルトガエンジンが芯を
回転させるために書き始めにペン先が少し沈み込む感覚は
どのモデルも共通です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハク

Author:ハク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。